低速ジューサーを使って生酵素ジュース作り

低速ジューサーを使って生酵素ジュース作り

低速ジューサーのクビンスサイレントジューサーを使って、美味しい生酵素ジュースを楽しむブログです。

head1

welcome

当ブログへようこそ!低速ジューサーを使って、自家製ジュース作りを紹介するブログです。

低速ジューサーは、健康・美容に効果がある生酵素ジュースが作れて、お気に入りです。

野菜や果物の効能は、クビンスサイレントジューサーの付属冊子をもとに記述しています。 レシピは、植木ももこさんの「マイナス10歳ボデイを作るまいにち魔法の生酵素ジュース」を参考にしています。

レモンと日焼けの関係 とりすぎはシミが出来る!?

リスボンレモンの苗木を購入しました。

ジュース作りに自家製レモンを使おうと思ったからです。

最初は、酸味の少ないマイヤーレモンという種類がよいと思ったのですが、日本ではリスボンレモンの方が一般的なようなので、初心者向きかと思ったからです。

リスボンという名前なのは、原産がポルトガルだからとか。

remon


写真は、黄色いレモンというより、オレンジのような色ですね。こういうのが出来たらよいのですが。


レモンがプランターでもできるのを見て、自宅で育てたくなったのですが、レモンをたくさん食べて日焼すると、シミができる、というようなショックな事を聞きました。

せっかくこれからレモンを育てようと思っていた気持ちが、半減しました。


お肌のシミの原因になるメラニンの生成を抑える効果があると言われるのが、ビタミンCですね。

ビタミンCを多く含むレモンはその代表のように言われています。

そのレモンを摂って日焼すると、シミができるとか。



それは、レモンに含まれるソラレンという物質が、紫外線の感受性を高める作用があるようなのです。

それで、たくさん食べて日焼すると、反応するようです。

なんだかがっかりしました。


外出しない日はほとんどないですし、朝のジュースにレモンを入れない方がよいのか、と思ったりしています。

それに、今までせっせとレモンを摂っていた事が、シミと関係しているのかも、と思ったり。

皮ごと絞ると、あんなに美味しいと感激したものですが。

レモンを皮ごと搾ると、本当に美味しいのですよ。それほど粒も感じませんし、なんといっても爽やかな口当たりになるのです。


そして、レモンは美肌作りや疲労回復効果、香りはストレス緩和など、美と健康に役立つものばかりなのです。


レモンと日焼の関係は、本当に意外でした。

知っている人は、知っている事なのでしょうか。


新緑の季節になって、どんどん紫外線量が増える季節になります。

日焼止めだけでは、シミはふせぎきれないので、体の中からビタミンCを摂ることが大切だと思っていたのですが、レモンに関しては、少し考えています。

一度にたくさん摂るのではなく、1/3個くらいなら、大丈夫だろうと、根拠がないのですが、そう思いたい気持ちです。

ビタミンCは体内に留まる時間が短いので、レモンは朝でなく、夕方摂ればよいのかもしれません。

夜の10時~深夜2時くらいの間に、肌が作られるとも言いますしね。



ただ、レモンの苗木を育てて、レモンが収穫できるようになるには、数年かかる事もあるようなので、すぐには食べられないことがわかりました。

せっかく買ったレモンの木なので、大切にはしようと思っています。

2015年04月18日| このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント:2Edit

低速ジューサーレシピ りんご皮ごと、レモン皮ごとに美味しさ発見

3月末で終わってしまった、TBSの朝の情報番組「いっぷく」の中で、健康コーナーによく出演していた池谷先生が毎朝飲んでいるジュースの紹介がありました。

それが、目からうろこの作り方で、りんごとレモンを皮ごと絞るものなのです。


材料は、にんじん1本半、りんご半分、レモン半分です。

そして、出来上がったジュースに、亜麻仁油をたらして飲んでいました。


その番組を見て、早速りんごとレモンを皮付きで搾ってみたら、皮のつぶつぶ感がない、レモンが効いたとても爽やかで美味しく、見た目もキレイなジュースができましたので、感激しました。



gn2



りんごを皮ごと絞っても、皮のつぶを感じなかったのが、意外でした。


以前、りんごとオレンジを皮ごと使った時に、すごくつぶつぶが出てきたので、それ以来ずっとりんごの皮をむいていました。

皮つきでも、りんご半分くらいなら、気にならない程度なのだと知りました。

搾りかすの方に、ちゃんと皮が出てきているので、低速ジューサーは優れものだと感じました。

gn3


緑色の材料を使っていないので、色がキレイです。そして、しばらくレモンの後味が続く、美味しいジュースができて、毎朝飲みたくなりました。

gn



レモンは、皮のまま大きめに切って、ジューサーに入れた方が、ずっと楽です。

今まで、手で搾ったり、ポッカレモンを使っていましたが、国産のレモンが手に入ったら、皮のまま搾った方が断然美味しいのです。


池谷先生は、にんじんの皮をむいていました。

私はにんじんは皮はむきません。これからは、リンゴもレモンも皮ごと使おうと思っています。よく洗うくらいです。


このジュースはすごく美味しいのですが、国産レモンが高いので、毎回は使えず、それも、半分ではなくて、1/3くらいを使うようにしています。

1/4でも、とにかくレモンが入っていると、美味しいです。


実は昨年から朝食はこの低速ジューサーで搾った生ジュースだけを飲むようになりました。

朝食を摂らないのは、賛否両論あるのですが、体調がよいので、このまま続けようと思います。


そして、池谷先生も朝は生ジュースを飲むだけだと知って、同じ人がいた~、と嬉しくなりました。

ジュースにオメガ3の亜麻仁油を入れているそうで、私も今使っているグリーンナッツオイルがなくなったら、亜麻仁油にしようと思って、もう買ってあります。

グリーンナッツオイルの前は、亜麻仁油を使っていたので、両方を交互に使ってみようと思っています。

どちらもオメガ3の油なので、ジュースに入れて飲むのは、よいと思うのです。


にんじんとりんごの組み合わせは色がきれいで、甘くて美味しいのですが、小松菜もお気に入りなので、緑のジュースもよく飲みます。

gn4


人気のココナッツオイルも持っていますが、ココナッツオイルは冷たいジュースには溶けないので、使えないのです。

レモンが高いので、自宅でプランターでレモンを育てたら、どんなものかと思っています。

たくさんは出来ないかもしれませんが、おもしろそうです。


ところで、池谷先生の使っている低速ジューサーは、ヒューロムスロージューサーのレッドでした。

私は、クビンスサイレントジューサーを使っていますが、ヒューロムも前からも良いと思っているジューサーです。



にほんブログ村

2015年04月05日| このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント:0Edit

自家製トマトで作った生ジュース

 
庭のプランタで植えたトマトがやっと1つ収穫できました。

自分で育てるのって楽しい!

形は小さいし、少し傷があるけれど、新鮮でみずみずしいのです。

プランタでもミニトマトでなくて、普通のトマトが作れるのだ!とわかったので、来年はもっと作ってみたくなりました。


39


収穫すると、翌日にはさらに赤味が増します。

切ってみると、みずみずしい!

洗った野菜のようにお水を蓄えています。


58


すごいな、と思います。

せっかくジュースを作ったのに、完成品の写真を摂るのを忘れて飲んでしまいました。

オリーブオイルを入れようと思っていたのに、それも忘れた。

感激してしまったのです~。


トマトらしい味でした。次も楽しみです。



そこで、にんじんの種を購入しました。

これからまいて、秋には収穫できるはずなのですが、どうなるか。

小さくてもよいので、自分で植えた人参でジュースを作ってみたいです。

2014年06月28日| このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント:0Edit

生酵素ジュースの材料は冷蔵庫にあるもの

冬の間は寒くて、なかなか飲めなかった朝のジュースですが、春から復活して、また毎日飲んでいます。

最近は、レシピ本にとらわれる事なく、その時家にある野菜や果物を使っています。

基本は、にんじんと小松菜なので、それらに何かを加えるというかんじです。

にんじんはたくさんの搾りかすが出るので、家にいる時にはお昼ご飯の前に食べたりしています。

それから、犬がいるので、犬にもあげています。

ずっとドッグフード中心の食生活で、わざわざ酵素を買ってフードに混ぜていたので、ジュースの搾りかすでも栄養はあるだろう、と思って、犬にもあげることにしました。


最近、朝食を抜いて、1日2食(昼、夜)の生活をして、1ヶ月になります。

朝食はしっかり食べるものだと思って、ずっとそうして来ましたが、食べなくても大丈夫。

かえって、調子がよいくらいなのです。

それで、朝は白湯とこの生ジュースを飲むだけです。

だから、ジュースはとても楽しみに毎日飲んでいます。

そして、朝はジュースしか飲んでいないので、お昼ご飯がすっごく楽しみ。

朝のジュースの搾りかすでも、美味しく感じます。

朝食を抜くようになって、食べ物を大切にするようになったのと、物が美味しく感じたり、食べられるのは幸せだ、と思ったり、食に対して関心が高まったと思います。



朝食を抜くことは、賛否両論ですが、自分に合えばそれでよいと思っています。

1日1食を勧める先生もいるし、ダイエットにしてもカロリー制限や糖質制限と、お医者さんでもいう事が違うので、何が合うかを見極めるためには、いろいろやってみませんとね。



毎日のジュースは、水分が少ない野菜と水分がある野菜(トマトなど)と甘みを加えるために、果物を使っています。

昨日は、にんじん、小松菜、ミニトマト、ブロッコリー、キウィです。

31

小松菜が入るので、ジュースは緑になります。

19



今日は、昨日と同じようですが、にんじん、小松菜、トマト、ブロッコリー、バナナ、です。

40


バナナを1本入れると、まったりとした食べるジュースのようになります。
実際は噛んでも何も噛めませんが、そのような感じです。

かきまぜる前なので、まだトマトと人参の色ですが、かきまぜると、グリーンになります。

37


今年は、プランターでトマトを育てています。

まだ青いのですが、5個くらいは実がついているので、収穫が楽しみ。

それから、今はにんじんを植える時だそうで、やってみたいな、と思っています。

2014年06月24日| このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント:0Edit

低速ジューサーレシピ トマト&レモン&オリーブオイル

冬は寒くて、なかなか朝一番に生ジュースを飲めなかったのですが、4月からまた人参と小松菜のジュースを復活させています。

先日、朝採り立てのトマトをたくさんいただきました。

その日は、まだ少し青い部分があったのですが、部屋においておいて、翌日になったら赤くなっていて、驚きました。

やはりトマトを育てている人は、収穫時がわかるのですね。

見た目の大きさはいろいろなのですが、切ったら、みずみずしくて、水分が光っているのです。

このトマトすご~い、と思って食べて見ると、しっかりした味のトマトでした。

うまく説明できませんが、どちらかというと酸味があるのですが、しっかりしたトマトの味です。

スーパーで買うトマトとは、少し味が違います。


たくさんもらったので、みずみずしくて美味しいうちに、すぐにお隣にもおすそ分けしましたが、それでもたくさんあるので毎日贅沢にジュースに使っています。



トマトを使う低速ジューサーレシピで、一番簡単なのは、トマトとレモン汁とオリーブオイルを使うジュースです。

44


最初はジュースにオリーブオイルを入れることは、少し抵抗がありましたが、今はまったく気にならず。


49


ジュースにオリーブオイルを入れると、吸収力が増すそうなのです。

トマトは、抜群の抗酸化力を持つ、緑黄色野菜の女王で、真っ赤なトマトの方がリコピンがたくさん含まれているそう。

56


ジュースには完熟のものがよいです。

29


美容によいといわれているので、毎日楽しみに飲んでいます。

まだ少し完熟ではないのですが、あまり一気に熟成しないように、冷蔵庫に入れています。


今年は、庭のプランターにトマトを植えたら、小さい実がついてきています。

虫にやられなければ、いくつかはできるかもしれないので、楽しみにしています。


やはり自分で作った野菜がジュースになったら、嬉しいです。

うまくいくと良いのですが。

他にもきゅうり、なす、枝豆、メロンを植えてみました。

メロンは初めてなので、楽しみです。

プランターなので、どのくらい育つかわかりませんが、夏が待ち遠しいのです。



2014年05月27日| このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント:0Edit
Copyright © 低速ジューサーを使って生酵素ジュース作り All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます